SDCC 2022まとめ | MONDO(モンド)がサンディエゴコミコン2022でリリースする映画アートポスター紹介

オルタナティブポスター情報

はい、毎年恒例のSDCCまとめです。
MONDOがリリースするオルタナティブポスターをまとめて紹介していきますので、購入の参考にしてください。

7月19日の時点で30種のポスターが公開されています。
例年4日目にもリリースがあることと、こちらも例年恒例の受注生産のアートポスターについて情報が出ていないため、さらに増えるかも知れません。
※『スター・ウォーズ』とか、常連アーチストでまだ名前が出ていない人もいますので……。

オンライン販売分については、日本への発送に対応しないものが半数以上で、なかなか厳しいものがあります。
円安で頭の痛いところではありますが、個人輸入も含めて準備を進めておきましょう。
※昨年は個人輸入の発送先(アメリカ国内の住所)が同一(複数のユーザーが同じ個人輸入業者を使っていた)のため、注文がキャンセルになるという、なかなか痺れるトラブルや、日本へ発送できるアイテムが決済時に発送不可になる、といった不具合が発生しました。
今年はアメリカの知人宅に全部送って、後日回収する予定です。

※7/20追記
MONDOのSDCCページのFAQでオンライン販売の時刻が発表されました。
各日、日本時間の翌午前2時(中部標準時 昼12時)です。
当日分をまとめてリリースするので、1枚は確実に買えそうですが、複数のアイテム狙いだとなかなか厳しいですね。特に3日目……(汗)。
https://mondoshop.com/blogs/news/sdcc-faq


<引用元>
SDCC Releases

プレビューナイト(7月20日)にリリースするアートポスター

Florian Bertmer氏による『マスターズ・オブ・ユニバース: 黙示録』

『マスターズ・オブ・ユニバース: 黙示録』
Masters of the Universe: Revelation (As Goes Eternia)
by Florian Bertmer

24″x36″ , 220部
7色印刷
US$55
SDCC MONDOブースで販売

Tom Whalen氏による映画『ゴジラ VS ビオランテ』

『ゴジラ VS ビオランテ』ソフビバリアント
Godzilla vs. Biollante Sofubi Variant
by Tom Whalen

36″x24″ , 150部
9色印刷
US$85
SDCC MONDOブースで販売

プレビューナイトでリリースされるポスターは、オンライン販売はありません。
『ゴジラ VS ビオランテ』、目が覚めるような鮮やかさがいいですねぇ。


SDCC1日目(7月21日)にリリースするアートポスター

100% Softによる映画『ゼイリブ』

『ゼイリブ』レギュラー
They Live Regular
by 100% Soft

36″x24″ , 220部
7色印刷
9月発送(日本発送不可)
US$50
日本時間22日午前2時、Mondoにて販売
『ゼイリブ』バリアント
They Live Variant
by 100% Soft

36″x24″ , 120部
8色印刷(メタリック・蓄光含む)
US$75
SDCC MONDOブースで販売

同じアートワークでインク数が異なります。
そりゃ、バリアントが欲しくなりますね。
ユニバーサル版権ということで、日本への発送不可なのが残念です。
しかし、今年のMONDOは事前の仕様公開がしっかりしてますね。
FUNKOの傘下になった影響なのかもしれません。


Tula Lotay氏による映画『ブラック・ウィドウ』

『ブラック・ウィドウ』レギュラー
Black Widow Regular
by Tula Lotay

24″x36″ , 250部
5色印刷
9月発送(送料US$31.23)
US$50
日本時間22日午前2時、Mondoにて販売
『ブラック・ウィドウ』バリアント
Black Widow Variant

by Tula Lotay
24″x36″ , 120部
6色印刷
US$75
SDCC MONDOブースで販売

今回争奪戦になるのはこちらと『大アマゾンの半魚人』、『DUNE』ではないでしょうか。
公開時のポスターに近いデザインですが、Tula Lotay氏らしい凛々しさが際立つクールなアートワークです。


Jason Edmiston氏による『リトルゴジラ』

『リトルゴジラ』
Little Godzilla
by Jason Edmiston

8″x10″ , 175部
ジクレー印刷
US$50
SDCC MONDOブースで販売

すごいセレクトですねぇ。
アメリカでVSシリーズの人気がどれ程なのかはわかりませんが、Jason Edmiston氏による存在感のあるペインティングで本編よりも迫力出てます。


Mike Sutfin氏による映画『ゴジラ対ヘドラ』

『ヘドラ解剖』レギュラー
Hedorah Anatomy Regular
by Mike Sutfin

24″x36″ , 220部
5色印刷
9月発送(日本発送不可)
US$50
日本時間22日午前2時、Mondoにて販売
『ヘドラ解剖』バリアント
Hedorah Anatomy Variant
by Mike Sutfin

24″x36″ , 120部
3色印刷
US$80
SDCC MONDOブースで販売

こちらも渋いセレクトですね。
バリアントは昔の少年誌や幼児誌の2色ページを彷彿とさせるデザインです。
インクの掠れまでわざわざ表現しているので、実物見たいところですが、MONDOブースでしか購入できないため、ebayで拝むことになりそうです。


Charles Schulz氏による、ピーナッツポスター2種

『あめあめやんで』
Peanuts Rain, Rain, Go Away
by Charles Schulz

24″x17″ , 170部
1色印刷
9月発送(日本発送不可)
US$50
日本時間22日午前2時、Mondoにて販売
『スヌーピー イン レイン』
Peanuts Snoopy in Rain
by Charles Schulz

24″x18″ , 170部
1色印刷
US$50
SDCC MONDOブースで販売

根強い人気のピーナッツポスターの新作2種は雨モチーフ。
こちらも日本に送ってくれないのが残念ですね。
ひと昔前は他のアートハウスでピーナッツポスター扱ってたのが懐かしいですね。


SDCC2日目(7月22日)にリリースするアートポスター

Akiko Stehrenberger氏による映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』バージョン1
The Batman (Version 1)
by Akiko Stehrenberger

24″x36″ , 150部
3色印刷
US$50
SDCC MONDOブースで販売
『THE BATMAN-ザ・バットマン-』バージョン2
The Batman (Version 2)
by Akiko Stehrenberger

24″x36″ , 150部
3色印刷
9月発送(送料US$31.23)
US$50
日本時間23日午前2時、Mondoにて販売

モダンアート的なAkiko Stehrenberger氏の『THE BATMAN-ザ・バットマン-』。
書くまでもないですが、バージョン2は180度回転させるとリドラーの顔に見える、騙し絵的なアプローチの作品です。


Craig Drake氏による『カウボーイビバップ』

『カウボーイビバップ』レギュラー
Cowboy Bebop Regular
by Craig Drake

24″x36″ , 270部
9色印刷
9月発送(日本発送不可)
US$60
日本時間23日午前2時、Mondoにて販売
『カウボーイビバップ』バリアント
Cowboy Bebop Variant
by Craig Drake

24″x36″ , 150部
10色印刷
US$85
SDCC MONDOブースで販売

お久しぶりのCraig Drake氏によるアートポスターのモチーフは『カウボーイビバップ』。
海外でオフィシャルライセンスのポスターが出るのは初めてだと思います。
(Spoke Artで4年前にリリースありましたが、あちらは許諾を取っていません)
Craig Drake氏による躍動感と配色の妙が、どこか懐かしく新しいですね。


Yuko Shimizu氏による『Primordial』

Primordial
by Yuko Shimizu
24″x36″ , 150部

6色印刷
US$50
SDCC MONDOブースで販売

Image Comicから発行されたグラフィックノベル『Primordia』のバリアントカバーを手掛けたYuko Shimizu氏による、同作のアートポスターです。
頼むからオンラインで売ってください……。


Phantom City Creativeによる映画『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』

『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』レギュラー
The Suicide Squad Regular
by Phantom City Creative

24″x36″ , 250部
6色印刷
9月発送(送料US$31.23)
US$50
日本時間23日午前2時、Mondoにて販売
『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』バリアント
The Suicide Squad Variant
by Phantom City Creative

24″x36″ , 120部
6色印刷
US$75
SDCC MONDOブースで販売

シューティングターゲットを模したデザインは好みが分かれそうではありますが、バリアントは楽しくで良いですね。


Attack Peter氏による『ゴジラ対タコロ』

『ゴジラ対タコロ』
Godzilla vs. Takoro
by Attack Peter

20″x30″ , 150部
1色印刷(リノカット)
US$100
SDCC MONDOブースで販売

ゴジラと日本文化が大好きなAttack Peter氏のリノカット版画シリーズは、ついに同氏のオリジナルキャラクター『タコロ』との対決ポスターにまで発展しました(笑)。
めっちゃかわいいですねぇ。
頼むからオンラインで……(以下略)。


SDCC3日目(7月23日)にリリースするアートポスター

Martin Ansin氏による映画『大アマゾンの半魚人』

『大アマゾンの半魚人』レギュラー
Creature from the Black Lagoon Regular
by Martin Ansin

24″x36″ , 300部
8色印刷
9月発送(日本発送不可)
US$50
日本時間24日午前2時、Mondoにて販売
『大アマゾンの半魚人』銀幕バリアント
Creature from the Black Lagoon Silver Screen Variant
by Martin Ansin

24″x36″ , 170部
8色印刷
9月発送(日本発送不可)
US$75
日本時間24日午前2時、Mondoにて販売
『大アマゾンの半魚人』ホロフォイルバリアント
Creature from the Black Lagoon Holofoil Variant
by Martin Ansin

24″x36″ , 120部
7色印刷(レインボーフォイル紙使用)
US$100
SDCC MONDOブースで販売

今回唯一、3バージョンでリリースされるポスターです。
SDCCのMONDOブース限定のホロフォイルバリアントはMartin Ansin氏の『攻殻機動隊』ポスターと同じ仕様(ホロフォイル紙使用)。
せめて銀幕バリアントだけでも……と思いますが、ユニバーサル版権で日本発送不可。
そりゃ個人輸入するしかないですよね。


Christine Lee氏による映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』レギュラー
Back to the Future Regular
by Christine Lee

18″x24″ , 250部
6色印刷
9月発送(日本発送不可)
US$50
日本時間24日午前2時、Mondoにて販売
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』バリアント
Back to the Future Variant
by Christine Lee

18″x24″ , 120部
6色印刷(レインボーフォイル紙使用)
US$70
SDCC MONDOブースで販売

人気作『バック・トゥ・ザ・フューチャー』をレトロマンガ的アプローチで描き、ハングル文字のロゴを組み込んだユニークなポスター。
バリアントはレインボーフォイル紙使用でレトロポップ感が増したものになりそうです。
ユニバーサル版権で日本発送不可なのが勿体ないですね。


Moebius氏による『シルバーサーファー:パラブル』

『シルバーサーファー:パラブル』レギュラー
Silver Surfer: Parable
by Moebius

24″x36″ , 225部
4色印刷
US$50
SDCC MONDOブースで販売
『シルバーサーファー:パラブル』バリアント
Silver Surfer: Parable Variant
by Moebius

24″x36″ , 100部
1色印刷
9月発送(送料US$31.23)
US$70
日本時間24日午前2時、Mondoにて販売

巨匠Moebius氏が手掛けたコミックカバーをアートポスター化。
これはゴージャスですねぇ。


Murugiah氏による映画『DUNE/デューン 砂の惑星』

『DUNE/デューン 砂の惑星』レギュラー
Dune Regular
by Murugiah

24″x36″ , 270部
メタリック含む9色印刷
9月発送(送料US$31.23)
日本時間24日午前2時、Mondoにて販売
『DUNE/デューン 砂の惑星』バリアント
Dune Variant
by Murugiah

24″x36″ , 120部
9色印刷(レインボーフォイル紙使用)
US$100
SDCC MONDOブースで販売

砂漠ウサギが可愛すぎる『DUNE/デューン 砂の惑星
幾何学模様とサイケな配色が版面を支配する、個性全開のデザインが素晴らしい。
他のアーチストが手がける荘厳な雰囲気のポスターも良いですが、Murugiah氏のフィルターを通して再構築された世界観に引き込まれます。
バリアントのカラフルさにときめきますが、レギュラーもメタリックインクを使用しているとのこと。
早く実物見てみたいです(←もう手に入れた気になっている人)。


Kim Jung Gi氏による映画『三大怪獣 地球最大の決戦』

『三大怪獣 地球最大の決戦』レギュラー
Ghidorah, the Three-Headed Monster Regular
by Kim Jung Gi

24″x36″ , 220部
6色印刷
9月発送(日本発送不可)
US$100
日本時間24日午前2時、Mondoにて販売
『三大怪獣 地球最大の決戦』バリアント
Ghidorah, the Three-Headed Monster Variant
by Kim Jung Gi

24″x36″ , 120部
メタリック含む6色印刷
US$150
SDCC MONDOブースで販売

下書きなしで頭に浮かんだビジュアルを描いてしまう、超絶技巧派のKim Jung Gi氏がMONDOで手がける2枚目のポスターは『三大怪獣 地球最大の決戦』。
宙に浮かぶキングギドラをアオリで描くって、想像したことありませんでした(汗)。
すごい迫力ですねぇ。
クレジットの扱い(伊藤エミ氏と伊藤ユミ氏でザ・ピーナッツ)が気になるところですが、このビジュアルの前には平伏すしかないですね。



長くなりましたが、SDCCでMONDOがリリースするアートポスター・オルタナティブポスターの紹介でした。
MONDOのSDCCページでは、ポスター以外のアイテムの紹介をしていますので、合わせてご覧ください。

オンライン販売分は全アイテム9月発送となってますが、昨年のSDCCアイテムは11~12月発送でした。
今年はかなり前倒しで準備を進めているようです。
仕事兼ねて10月に渡米する予定があるので、そのタイミングでピックアップ出来ること祈ります。

それでは~。

MONDOのオフィシャルサイトはこちら

【おまけ】テキサス州のアートハウス・MONDO(モンド)について

アートハウスMONDOの作品について知りたい方はこちらの本がおすすめです。
原著と日本語版の比較記事を書いていますので、よろしければご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました