MONDO リリース情報 | 『吸血鬼(1932)』映画アートポスターリリース

オルタナティブポスター情報

今日の『アフター6ジャンクション』でMONDO展こと『MONDO 映画ポスターアートの最前線』が紹介されました。
その余波でブログのアクセス上がってますが、うちのブログに宇多丸氏が紹介していた『ロッキー3』のアートポスターはございません。
なぜなら2012年のポスターだから……(汗)。

こちらのポスターです。
MONDOのグラフィックデザイン番長、Jay Shaw先生の作品です。
(引用元:MONDO)

『ロッキー3』
ROCKY III
by Becky Cloonan

12″ x 24″
275枚

さて、毎度お馴染みのMONDO(モンド)のオルタナティブポスターリリース情報です。
1月は映画館に3回しか行けず、今月はまだ0回……。
明日ようやく『ハウス・オブ・グッチ』観れるんですが、日本のシネコンも海外っぽくなりましたね。
上映初週はそれなりの箱を充てて、集客ない場合は上映回数減&小スクリーン。
商売だから仕方ないですが、だったら上映前の10~25分の予告とCMも短縮して欲しいものです。
マニラに住んでた時は週5で映画館通ってましたが、どこも上映開始時刻イコール本編スタートでした。
CMと予告は完全に幕間扱いということですね。
あ、どうでもいい話ですみません。

今夜はイギリスのアートハウス、BLACK DRAGON PRESSとのコラボレーション第32弾。
1932年公開の古典的伝奇映画『吸血鬼』がモチーフです。

<情報元>
Black Dragon Press x Mondo #32: VAMPYR by Becky Cloonan (On-Sale Info)

Becky Cloonan氏よる『吸血鬼(1932)』

『裁かるるジャンヌ』で知られる、カール・テオドア・ドライヤー監督作です。
1932年だから制作は90年前!
難解とも言われますが、光と影が描き出すコントラストが印象的な作品です。
光と影を効果的に魅せるBecky Cloonan氏が描いたアートポスターも、インパクトのあるものに仕上がりました。

『吸血鬼』レギュラー
VAMPYR Regular
by Becky Cloonan

24″ x 36″
100枚
5月発送
日本への発送可(US$31.23)
US$80
Mondoにて日本時間16日午前2時リリース
『吸血鬼』バリアント
VAMPYR
UK Variant
by Becky Cloonan

24″ x 36″
50枚
5月発送
日本への発送可(£15.00)
£60
Black Dragon Pressにて、日本時間16日午前2時リリース

Becky Cloonan氏は、国立映画アーカイブで開催中のMONDO展こと『MONDO 映画ポスターアートの最前線』にて展示されている『カリガリ博士』の作者です。
白黒伝奇映画をレトロ調で描くのではなく、モダンなタッチでまとめる作風は見ていて引き込まれますね。

『カリガリ博士』バリアント
The Cabinet of Dr. Caligar Variant
by Becky Cloonan.s

18″ x 24″
125枚

さて、今夜リリースの『吸血鬼』ですが、MONDOで販売するレギュラーが80ドル。
Becky Cloonan氏としては珍しい、24×36インチの大判作品ということもありますが、この価格が今後の基本ラインになるとちょっとコワイですね。

アメリカのインフレによるコスト増で、価格の底上げはあってもおかしくないのですが、高額なポップアートやファインアートと違い、手に取りやすいのがストリート発のオルタナティブポスターの魅力。
この心配が杞憂であること祈ります。
それでは~。

MONDOのオフィシャルサイトはこちらから。

テキサス州のアートハウス・MONDO(モンド)について

アートハウスMONDOの作品について知りたい方はこちらの本がおすすめです。
言語と日本語版の比較記事を書いていますので、よろしければご覧ください。

コメント